読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわエンジニアのブログ

やったこと、調べたこと等をつらつらと書いていくかもしれません。

GitLabのURL変更方法(CentOS)

GitLabのURL(HTTPポート)変更方法について紹介していきます。
「GitLabへアクセスする際のURLを変更したい!」といった時に行う設定となります。

本記事は、あくまでも"GitLab側のポート変更設定を紹介"するだけであり、
ファイアウォールの設定については一切触れていないです。

環境は、CentOS6.7 64bit(仮想環境)です。
以降紹介する方法はすべて、スーパユーザモードで操作しています。

以下、設定方法。

GitLabの設定ファイル
/etc/gitlab/gitlab.rb
を開き、
external_url 'http://gitlab.example.com'
と書かれた行の'http://gitlab.example.com'部分を書き換えます。
(external_url...の行は上から6行目あたりにあります。下記画像の赤枠参照。)
f:id:j_levia:20161105213350p:plain

このとき、ポート番号を省略すると標準の80が使用されるようです。
また、IPアドレス指定でアクセスする場合は、ドメイン部を"localhost"と設定すると、
IPアドレス指定でアクセスできるようになります。
IPアドレスが192.168.1.100のマシンで
external_url 'http://localhost'
と登録すると、"http://192.168.1.100"でGitLabへアクセスできるようになり、
ドメインは"HogeHoge.com"を、ポートは8080を使用したいとなると、
external_url 'http://HogeHoge.com/8080'
と設定したら良いというわけですね。

設定ファイルの編集が終わったら保存して閉じ、
最後に設定内容の反映を下記コマンドにて行いましょう。

[root@localhost git_test]# gitlab-ctl reconfigure

これにて、GitLabのHTTPポート変更は完了です。