ゆるふわエンジニアのブログ

やったこと、調べたこと等をつらつらと書いていくかもしれません。

Windows10(Build1803)でGoogle Chromeが正常に動作しない件

2018/11/08追記
本記事の解決策が見つかりましたので、記事にしました。
j-levia.hatenablog.jp



新しくPCを購入し、Windows10をBuild1803にアップグレードした結果、
Google ChromeVivaldiが正常に動作しなくなったため、メモがてら書いておきます。

結論から言ってしまうと、本記事には起こった出来事が書かれているだけで、
解決策は記載していません。

皆さん、Windows10のアップグレードにはご注意を。

本記事の内容です。

何が起こったのか?

Windows10を2018/04あたりの時期に降ってきた
Build1803にアップグレードした結果、Google Chrome
Vivaldiが正常に動作しなくなりました。

具体的には、Webサイトへアクセスしても、
応答時間が長すぎる関係で「このサイトへはアクセスできません。」と
表示されるようになりました。

下記の情報からすると、どうやら証明書周りが正常に動作していないらしく、
2018/05のWindows Updateで直るようなのですが、私の環境は直りませんでした。
https://productforums.google.com/forum/#!topic/chrome-ja/QGwBg1f74vI;context-place=topicsearchin/chrome-ja/1803
https://productforums.google.com/forum/#!topic/chrome-ja/K3DdvG87870;context-place=topicsearchin/chrome-ja/1803

どうしたらいいのか?

諦めて、今年の秋ごろに降ってくるであろう大型アップデートを待ちましょう。
もしくは、IE11やEdgeといったMicrosoft製のブラウザを使用しましょう。


迂闊にアップグレードした結果、こういうことになるとは。
Microsoftには、こういった時のために、サポート期間中は大型アップデート過去分の
OSイメージ(ISO)を公式サイトで公開および配布していただきたいですね。