読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわエンジニアのブログ

やったこと、調べたこと等をつらつらと書いていくかもしれません。

Oracle Managed Driverのインストール方法(NuGet)

NuGetからOracle Managed Driverをインストールする方法を
初めて知ったので、メモがてら記事に残します。
(今まではggってDLしてインストールしていた。)

インストールするには、以下のコマンドを
パッケージマネージャコンソールで実行します。

Install-Package Oracle.ManagedDataAccess

www.nuget.org


これだけです。


インストールが完了すると、App.Config内へいろいろと追記されます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
  <configSections>
    <section name="oracle.manageddataaccess.client"
      type="OracleInternal.Common.ODPMSectionHandler, Oracle.ManagedDataAccess, Version=4.121.2.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89b483f429c47342"/>
    </configSections>
    <startup> 
        <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.5.2"/>
    </startup>
    <system.data>
        <DbProviderFactories>
            <remove invariant="Oracle.ManagedDataAccess.Client"/>
            <add name="ODP.NET, Managed Driver" invariant="Oracle.ManagedDataAccess.Client" description="Oracle Data Provider for .NET, Managed Driver"
                type="Oracle.ManagedDataAccess.Client.OracleClientFactory, Oracle.ManagedDataAccess, Version=4.121.2.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89b483f429c47342"/>
        </DbProviderFactories>
    </system.data>
    <runtime>
        <assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">
            <dependentAssembly>
                <publisherPolicy apply="no"/>
                <assemblyIdentity name="Oracle.ManagedDataAccess" publicKeyToken="89b483f429c47342" culture="neutral"/>
                <bindingRedirect oldVersion="4.121.0.0 - 4.65535.65535.65535" newVersion="4.121.2.0"/>
            </dependentAssembly>
        </assemblyBinding>
    </runtime>
    <oracle.manageddataaccess.client>
        <version number="*">
            <dataSources>
                <dataSource alias="SampleDataSource"
                    descriptor="(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=localhost)(PORT=1521))(CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=ORCL))) "/>
            </dataSources>
        </version>
    </oracle.manageddataaccess.client>
</configuration>


タグ内にTNS_ADMIN情報の設定を行うこともできます。

    <oracle.manageddataaccess.client>
        <version number="*">
            <!--ここから  -->
            <settings>
                <setting name="TNS_ADMIN" value="C:\oraclexe\app\oracle\product\11.2.0\server\network\ADMIN\" />
            </settings>
            <!-- ここまでがTNS_ADMIN情報 -->
            <dataSources>
                <dataSource alias="SampleDataSource"
                    descriptor="(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=localhost)(PORT=1521))(CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=ORCL))) "/>
            </dataSources>
        </version>
    </oracle.manageddataaccess.client>


オンコーディングでTNS_ADMIN情報を設定する方法もあった気がしたけど、
それは思い出し次第追記ということで...